ユーロ/ドルではスプレッドの広さが小さく

「スプレッド」とはFX投資は通貨ペアをトレードして差益を狙う商品です。メールレディ 安全

売り買いの価格は常時上がったり下がったりします。JKアイドルと密着生活

それが為替です。別府温泉日帰り温泉

テレビのニュースをみていると、外貨の為替レートの話題が流れる場面があります。http://www.expertseocompanyindia.com/

たとえば、「本日のドル円相場は80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。探偵選び

これは80円50銭から80円52銭の間で売買されているという事を意味するのではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、ということを提示しています。ウェブコンサルティング

要するに、トレードには買値と売値の2個の値があります。

売値、買値ではなくビット、アスクと示しているFX取引会社もあったりします。

普通は売値の方が買値よりも小さく定められています。

現実に買値は高く、売値は安くなるのが普通です。

その差分をスプレッドといいFX業者の収入の一部になっています。

スプレッドの幅はFX業者によって異なります。

スプレッドの幅は投資家にとってコストになるので小さいFX取引会社を選択するほうが得します。

ただ、状況に応じてスプレッドの広さは広くなったり狭くなったりします。

仮に平常時はドルと円のペアでたった1銭のスプレッドであるとしても、マーケットの動きがとても激しい場面では3銭、4銭になったりする場合があります。

なので、スプレッド幅が狭いのと共に固定しているのが重要です。

最近では決まったスプレッドの幅を表示する業者もいろいろ存在しています。

現実に業者の取引画面で現実のマーケットを確認しなければ見分けられないので面倒ですが、大切な事です。

多くの財産を投資して注文するわけですからトレードの前に、魅力的に思えたFX業者の取引口座開設をいくつもして、スプレッドの差を実感しましょう。

同じ通貨の組合せ、その瞬間の為替相場の変動率によって、通貨のスプレッドの広さは異なる場合があります。

おおむね、銀行間取引で取引量の多い、流動性の高い米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/ドルではスプレッドの広さが小さく、それ以外のペアでは広くなる事が多いです。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.friedlgallery.com All Rights Reserved.