FXの業者間によって

外国為替証拠金取引(FX)の投資についてのターゲットは、各国それぞれの流通通貨なのです。77-5-62

流通貨幣に関して勉強していこうと予定しています。77-20-62

・公式貨幣には「基軸通貨」とよばれる公式通貨がございます。77-11-62

基軸通貨とは、決済そして金融の取引において重点的に利用される流通貨幣のことを指し今日では$(アメリカドル)です。77-16-62

当時は英ポンドが基軸になる通貨でしたが、終戦後はアメリカ合衆国ドルになりました。77-19-62

・FXを利用して取引きされる公式通貨の種類については、他で言う外貨投資に比べて格段に多いというのが特徴というのがあります。77-1-62

FXの業者間によって、公式貨幣の種類に際しては違っているのですが、通常では20種類前後ある模様です。77-8-62

その中でも流動する性質が大きい流通貨幣をメジャー通貨と言います。77-12-62

変動性が大きくなっているというのは商取引が多くやられておるという事であり流通貨幣の取引が簡便なのです。77-4-62

主とされている流通貨幣には上記において基軸通貨と呼ばれるアメリカドルに、日本円、EUROの3種がございまして世界の3大通貨名付けられています。77-10-62

スイスのフラン、豪ドル、カナダドルなどが準メジャー通貨と呼ばれております。

これらの通貨以外の流動する性質が低い通貨においてはマイナー通貨と言われて相対的国の力や経済の力が比較的弱い国の流通通貨で、南アフリカランドやインドルピー、メキシコペソなどが重要な通貨に関しては取引されている数量があまたですという事もあり値動きが静止していてニュースの数も豊富なそうです。

マイナー通貨については、利子が高い額な通貨というのが多いというのがあるので、値の変動がすごいそうです。

値の高安が激しいという事について、沢山な利益を入手する幸運に恵まれる機会があるのですが好ましくない結果の可能性も大きくて不安定事があります。

加えて流動性が少ない公式貨幣なので、売買を完了を求める時により決済が出来ないと予想される事があります。

どの種類の通貨を選別するのかというのは別々の通貨の属性をじっくりと調べてから試みる必要があると思いました。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.friedlgallery.com All Rights Reserved.