近親者に知られてしまわないように自己破産できるかもしれません

破産の申立てを実行したとしても公的機関などから家庭に直々に電話がかかるということはありません。78-15-62

という訳ですから、近親者に知られてしまわないように自己破産できるかもしれません。78-2-62

ですが現実を見ると、自己破産申請を申し込む時に同一住居に住む親族の所得を証する書面や銀行の預金通帳の複製等といった証明書類の提出を余儀なくされるというといったことがありますし、消費者ローンから家族や親族へ督促が来る場合もあり得ますから家族に明らかにならないように自己破産行うことができるという100%の保証は得られるものではないといえるでしょう。78-11-62

確信犯的に知らせずにしておいてあとで発覚してしまうことに比べれば、最初の段階で本当のことを話してご家庭の方々皆の協力を得て自己破産の申立てを克服する方が安全でしょう。78-14-62

その一方一緒に住んでいない近親者の方が自己破産の手続きを行ったことが発覚してしまうなどといったことはひとまずないと納得してください。78-19-62

夫または妻が負う責任を消滅させることを念頭に離婚を計画するカップルもいらっしゃるようですが、そもそも夫婦だと書類で認められていも本人が書類上の(連帯)保証人を請け負っていない限りにおいて法律的な支払い義務は発生しません。78-10-62

ですが連帯保証人であるケースならば離縁することをしても保証人という立場上の責務は残っているとみなされるため支払義務があると考えられます。78-6-62

ですから、別れることを実行するからといって債務の支払義務が無効になるといったことはないのです。78-8-62

ところでしばしば業者が自己破産申請者の家族や親類に支払いの催促をするような場合もありますが連帯保証人または保証人になっていないのであれば親子・妹と姉という類いの近親者間の負債に関して借りた人以外の親族に法律的な法的な支払義務はまずないのです。78-18-62

実は借入先が法的な支払義務を負っていない親族へ支払いの督促を実行することは貸金業関係の法律についての行政の運営規則内で禁止されており催促の実施方法にもよりますが貸金業関係の法律の支払いにおける催促の規制に背くことにもなります。78-17-62

従って支払い義務がないにも拘らず借金を持つ人の近親者が催促を受けてしまったならば、債権をもつ取引先に向けて請求を直ちにやめるよう通告する内容証明の郵便を出すべきでしょう。

往々にして、借りた人のことが可愛そうでならないからと考えてしまったために本人以外の家族や親類が負債を肩代わりして返すようなこともありますが借りた本人好意に依存してそれからも借金のトラブルを反復してしまうことがよくあるのです。

従って本人の立場で考慮したら血も涙もないかもしれませんが借金を持つ本人努力で借りたお金を返済させていくかそのようなことが非現実的であれば自己破産の申し込みを行わせた方が債務を負った本人の長い人生のためになるとは言えないでしょうか。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.friedlgallery.com All Rights Reserved.