www.friedlgallery.com

キャッシングした際、支払う時には利率を上乗せした支払いになるのは知っていると思います。キャッシング会社は営利を狙いとした会社なのですから無論問題ありません。ですが返済する方は、ちょっとでも少なく返済したいというのが心中でしょう。利息制限法が設けられる以前は年30%近い金利返していましたが、設けられてからは高利子でも年間18%位といくぶん低く設定されていますので、かなりリーズナブルになったと思います。今のローンキャッシングの利率幅は4%位から18%位の枠に決められていて、利用可能額により決められます。使用可能額は申込者の与信によって決まります。総量制限により年収の1/3までと設けられていますので、年の収入がどの程度なのか?どんな仕事をしているのか?カードローンの利用履歴はどうなのか?あれこれ調べられ貸付可能金額としてクレジットカードの内容が決まることになります。カードを使ったキャッシングの場合利用できる金額が10万円〜800万円(各企業で内容は違います)と広い幅があります。そしてその幅の中で定めた使用可能額により金利も決まるのです。50万円なら年間18%、300万円なら12%、800万円なら4%といった流れになるはずです。つまり、評価が高ければ、与信金額も多くなり、利息も低くなるというわけです。この金利に疑問を抱くのは僕だけでしょうか?余談となってしまいますが、カード業者にとって、これらの事実は常識でしょうが、収入の高い人がキャッシングローンができないと困ると考えずらいですし、万が一キャッシングサービスを利用したケースでも金利が多かろうが少なかろうが返済に悩む事はないでしょう。むしろ年の収入の低い人は即座にお金がほしいから借りるという人がいて、利率が良くないとお金の返済に悩むはずです。このため使用可能枠の小さい人こそ低利率で利用できるようにすべきです。この主張は使用する視点からの考えとなります。この事実を踏まえて、利子を低くする為にはどのようにすれば良いのかぼんやりと感じたはずです。現実、これから書く方法で、申し出をする人が大勢いるので教えますと、クレジットカードの手続きに申込みをする時、一年の収入の1/3ぎりぎりの利用上限まで申込みの手続きをするのです。年収450万円なら150万円。年収900万円なら300万円でそのカードローン審査で申し込んだMAXの金額が通ればその分だけ利子が低いキャッシングカードを手に入れることができるのです。であっても限度額ギリギリまでキャッシングしなければいけないわけではありません。5万円でも30万円でも必要な額だけ利用可能です。そして最高利用額が300万円で最低金利年率7%位の金融会社も存在しますので、その会社に手続きを申し込めばその金融会社の最低利率で利用できるようになります。どうでしょうか?考え方を変えるだけで低利率のカードローンを手に入れることが出来るようになります。自分の年収とローン会社の利息を並べて、考える事さえ怠らなければ、より良い状態でお金の借入れができるはずなので、きちんと調査するようにしてください。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.friedlgallery.com All Rights Reserved.